1970年代の地平。

2018.02.03.Sat.00:00

少し前になってしまうけれど、京都のレコード屋さんの新年会にどさくさに紛れて参加してまいりました。
おっさん達の中に(一応)紅一点という状況でしたが、自分もおっさん化がすすんでいるようですごく馴染めていたように思います。お隣に座ったラマラボさんに「あんた一番食うてるで」と言われつつ、皆様からためになる話まで聞けて、いつも気が引けてレコイベントに関わったあとにお誘いいただいていたのを全部スルーしていたけれど行ってよかった、でした。
一緒に帰ってきたトラドラさんとパライソさんに改札出て手を振って別れるまで、隙なく楽しかった。
今年もレコード祭り(7月下旬開催予定)頑張ります!


…という流れでそのあたりに入った音楽本のご紹介をする心づもりでいましたが、すっかり2月…。

音楽評論家・北中正和の3冊です。

北中正和本
『アローン・トゥゲザー』(1976) 『サッド・カフェでコーヒーを』(1980) 『風都市伝説』(2004※責任編集)
左の2冊は、発行年までの10年ほどの主にロック音楽界についてのエッセイ/時評です。
取扱うのはビートルズからT.Rex、クラフトワークにパンク音楽、細野晴臣周辺にユーミンと幅広く、ペダンティックではなく私情に溺れることなく、抑制のきいたクセの少ないしかしそれゆえに音楽への確かな愛情が感じられる文章のように思います。
風都市~の方は、1970年代に存在した音楽企画プロダクションの歴史を、関係者の証言をメインに追ったもの。パラパラ流していたら、大貫妙子の山下達郎とのエピソードが面白くてちょっと笑ってしまいました。
 

関連記事