FC2ブログ

第6回古本家。

2018.08.05.Sun.22:00

6回目の古本イエー@狂言屋家は、8/11(土)の11~18時開催です。
普段から御自宅は開けて頂いていて(オープン時は看板が出ています)時に来客ありとのことですが、なかなか恥ずかしくて行きづらいという方でも、古本イエー時は出品者の出入りなどもありなんとなく賑やかにしておりますので、是非御来場頂ければと思います。遅い時間に来られた場合宴会にも巻き込まれますので、巻き込まれたい方は17時半くらいにいらして頂くとよいのではないでしょうか。夜の宴会は座敷わらしが混ざってきそうなほどにオープンですよ。
この日は下鴨の古本まつり初日でもありますので、ハシゴもよいかと思います。こちらの古本市は砂ボコリもないし快適です。
下鴨に合わせてウチからは均一本を持っていきます、というか既に2回ほど持っていっていますが、更に数十冊ほどをお持ちします。トータル100冊以上か…。
通常置いている数冊分を除いて今回で均一本は引き上げる予定ですので、宜しければ他の出品者さんの棚から買っていただくついでにレジ前のお菓子も…のような感覚で1~2冊あわせて必要以上にお求め頂けましたら幸いです。


会場はJR二条駅東側ローソン脇入ったあたり、です



***********************************************



藤沢周平を中心に時代小説の文庫が入荷しましたので、こちらもイエーにお持ちします。
全て新刊書店のカバーがかかっておりましたので美本ばかりですが、勿論均一です。


↓レジェンド江夏も司馬・池波・藤沢各氏がお好きみたいですね 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00000003-pseven-life&p=1

シグナレス第24号。

2018.08.06.Mon.00:00

シグナレス24号

嵐山のロンドンブックスさんより、フリーペーパー『シグナレス』をお届け頂きました。
前号を自分用の分まで通販同封してしまったのかちょっと見当たらないのでアレですが、発行は1年ぶりくらい?でしょうか。
次号のお知らせ欄に特集予定が「さよなら昭和」となっていたので、ちょっと楽しみにしておりました。
平成最後の夏に、昭和最後の年である昭和63年(1988年)を振り返る特集です。
採り上げられている作品の中で個人的には「スティル・ライフ」(池澤夏樹)が引っかかりましたが(まあ実際に読んだのは2年後くらいですが)、K氏はドラクエⅢとのこと。
なんでも西陣・ほんやら洞のそばにあったおもちゃ屋さんに「ソフトを買うための整理券をもらうため」に並んだらしいです。
「ドラクエⅢはようできたゲームやったし、あれは今でもやりたいわ~」とのこと。
私はゲームのことはほとんどわからないんですが、そうなの?自分のまわりではファイナルファンタジーの方が人気があったような…。ともあれ、ファミコンも昭和が生んだ大発明品でしたな~。

特集の前口上を読んでいたら、自分も「さよなら昭和」というタイトルで1本文章を書きたくなりました。
古本イエーにも少しお持ちしますので、宜しければ御覧ください。

シグナレスHP:http://www.i0r1.jp/signaless/
London BooksさんHP:http://londonbooks.jp/



でへへ…
シグナレス24号2
今回の抑え役は1980年代後半に出たシリーズ2orPart2?にあたるガン消しのキャラクター(塗装済)でした。


LET'S FIND OUT BOOKS 入荷。

2018.08.10.Fri.00:00

lets find out about
1960年代に刊行されたアメリカの学習絵本『LET'S FIND OUT ABOUT ~』シリーズ、20冊揃で入荷しております。
状態はReprintの並~並上、全てソノシート付(動作未確認)です。
このシリーズは色づかいの品が良く各冊それぞれに可愛らしいのですが、揃いのものが揃いで入ってくると気持ちよいなあ~!
次回イベントあたりでセット販売の予定です。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2018⑧映画パンフ
少部数ですが映画パンフレットの整理中(正確にいうと少部数に整理し直した…ですが)

2018⑧映画パンフ2
20年ほど前のストーンズのツアーパンフが混ざっていました。ずっと映画パンフかと思ってた…。需要あればいいなあ。



映画がらみで
無垢の誘惑
『無垢の誘惑/パスカル・ブリュックネール(パスカル・ブルックナー)』
ポランスキー監督作品「赤い航路」原作者のエッセイらしいですが、帯の「犠牲者根性」という言葉と、ロラン・バルトに師事したという経歴だけでも面白そうだなと思いましたよ。


夏の古本市@京都マルイ

2018.08.16.Thu.00:00

マルイ古本市

日時:8/16(木)~19(日) 10時半~20時半(最終日19日~19時マデ)

場所:京都マルイ店頭四条通側

参加店舗:古書星と蝙蝠 マチマチ書店 町家古本はんのき マヤルカ古書店 ありの文庫 (以上 京都)
       東京くりから堂(東京) とほん(奈良) 半月舎(滋賀)

京都マルイ2階に出店中のマチマチ書店さんよりお声かけ頂き、店頭(外)で開催される古本市に参加いたします。
京都の古本屋に加え東京・滋賀・奈良からも出店があり、ワゴン19台で賑やかな売り場になりそうな予感がしております。
今回ウチの出すものはいつもの美術やデザイン関係もありますが、どちらかといえば雑本多めの出品です(特に料理と映画関係)。出したいものが多すぎて準備が終わらず、ワゴン多めに借りればよかったな~と少し後悔しております。
ところで主催のマチマチさんが一番緊張されているようですので、皆さまには是非ご来場の上たくさんお買い上げ頂き不安を取り除いてさしあげて欲しいところであります。
初日の16日は五山の送り火と下鴨の古本まつり最終日でもあるので、ついでの際にでもどうぞ。
お待ちしております。


マチマチ書店HP:http://machimachi-books.com/

新入荷の中から

2018.08.17.Fri.00:00

これらをマルイの古本市に出したかったんですが、初日には間に合わなかった…。
他の作品集含め、本日以降並べておきます。

paul davis展
『ポール・デービス展 図録』
プッシュピン・スタジオでキャリアをスタートさせたイラストレーター、ポール・デービス(ポール・デイビス)の70年代に開催された展覧会図録。

David Hamilton展
『David Hamilton展 図録』
平成4年に高島屋京都店で開催されたデイヴィッド・ハミルトン展図録。ベスト的な内容で、当時の(写真展)図録としては珍しく印刷の精度が高い一冊。

Christian Dior作品集
『Christian Dior』
ディオール自身が手掛けたオート・クチュールのドレス作品集。