FC2ブログ

古本家。

2018.01.18.Thu.18:00

2018kinga.jpg


年甲斐もなく、また今年もお年玉を頂いてしまった。しかも親ではない方から。
来年こそは、倍のものをすっとお返しできるような人間になりたいものであります。


…と、鬼に笑われたところで


本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


さて、今年最初のイベントのお知らせです。


古本イエー

furuhonyeah2018.jpg

日時:1/20(土)~21(日) 12時~暗くなる頃まで(多分12時よりは早めに開けている&割と遅くまでやっていると思います)

場所:
狂言屋家 JR二条駅東側ローソン脇入ったあたり


鳥居家 丸太町大宮上ル ライブハウス拾得の隣の隣


人様の家を古本屋(古本家)にしてしまおう企画「古本イエー」、今回は狂言屋家と鳥居家を使用しての開催です。
2軒の距離間(1Kmほど?)は、上にあげた地図をそれぞれ少しズームアウトして頂けるとわかるかと思います。

狂言屋さん宅は主に一箱古本市に出店されている方がメインで、鳥居家の方は古本屋さんや本関係の仕事をされている方中心です。

…という感じの振り分けがいつの間にかなされていて、ウチは当然というのか鳥居家に割り振られていたわけですが、それだと狂言屋家でいつものようにゴロゴロする理由がなくなるではないか!!(それもどうなんだってハナシですが)ということで、狂言屋家にも一箱古本市に出すようなイメージで一箱を置かせて頂くことに。屋号はひねらずに、藤子A先生のイメージで「ありの文庫A」。

20日は餅つきやら餅zineつくりもあるようですが、まあこれらは少し身内感のあるものになりそうなので余り宣伝はしないでおこう笑。
といいつつ餅zineつくりにのっかって、狂言屋家で古本お買上の方にいつの間にか色々溜まっていたフリーペーパーを適当に持っていってもらう、というようなことをやろうかなとは思っています。

ちなみに鳥居家では、以前あった奈良の図書館で本棚をつくるというような内容のワークショップの登壇者(店舗)&コーディネーターの出品が揃います。ま、偶々なんでしょうが、面白いですね。
ほんまはあの講座は私が行かないといかんかったのですが、シャイでとてもとても人様の前に出られるような人間ではないので、K氏にまかせてしまってコーディネーターさんと受講された方には申し訳なかったなあと反省しておりますよ。

まあそれはともかくとして、方向は逆ですが文学フリマ京都も21日にはあるようですし、何かのついでにお立ち寄りいただければと思います。

鳥居家の方には¥200、¥300均一の文庫を中心に持っていく予定です。予定なので、全く何の準備もしていないんですけどね…。