FC2ブログ

人生色々、入荷もそれなりに色々。

2017.11.14.Tue.23:00
先月後半が「おやおや、なんか呪われてるのか?」というような状態/情況で書けていなかったのですが、月があけてそれらが何となくマシになり、「(困難でもなんでも)かかってこいやーっ」(高田風)というスタンスがいつも通り意識の中央に明確にあるので、とりあえず大丈夫だろうということで書いてます。大分前の入荷分。

まあ入荷物もそうそうあげる必要はないかなとも思っているのですが(大手ネットでの販売系はすぐに売ってしまうこともあるのであげないようにしています)、まだまだ本をお譲り頂きたいというのもあるので、御参考にして頂ければという次第でございます。

以下、次回のイベントに少し持っていく予定です。
201710zen①

201710zen⑥
シモンに吉増&土方、IMA初期あたりの号

201710zen⑦
ほとんどが写真集、のかたまりなので一番上の一冊を除いてネット売分。

201710zen③
『Cy Twombly Photographs : Lyrical Variations』(クロス装の表紙に濡染み痕あり頁内に影響なし)
DIC川村記念美術館にて開催された『サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-』展の折に刊行されたもの。
この展覧会では版画や絵画の展示も少しあったようで、そちらも掲載されています。
描くことの意識ははっきりしていながらも(=観る側にも何が描かれているか描こうとしているか或いは作家の意思などがわかる)、その着地点を定めない或いはというよりもむしろ逸脱していく(ように見せている)その現前としての作品にこの作家の魅力はあるように思いますが、彼の写真表現にもまた同じようなことが言えるように思いました。
米国生まれのサイ・トゥオンブリーは「アメリカの抽象表現主義(第二世代)」の作家の文脈によく連ねられることが多いけれど、この作家は早い段階でローマに移住しているので戦後から60年代頃までの華やかなりしイタリアのグラフィックデザインとの比較も面白いかと。

201710zen④
201710zen⑤
『Pierre Joseph Redoute THE MOST BEAUTIFUL FLOWERS』(カバ裏と本体表紙にシミやや多)
バラの絵で特に有名なルドゥーテの作品集です。印刷(の色味)がやや大味な感じもしますが、頁内に(編集による)余計なキャプションがついていないのが良い!
植物画を描いておられる方や、ボタニカル・アートを見るのが好きな方にはかなりおすすめのボリューム感です。

201710zen②
『幻の探偵作家を求めて/鮎川哲也』
以前の入荷分で読み終わったので、こちらで御紹介。
パラパラとめくっていたら、最初の方で私の好きな画家である長谷川潾二郎の名があり、おや、と思って読むことに。
この画家は昔「地味井平造」という筆名で探偵小説を書いていたのですね。ただ描くことの方が忙しくなり、書くことから自然に離れたとのこと。
元々は推理小説専門誌『幻影城』の連載企画で、この書名が示すように、戦前のミステリーがまだ探偵小説と呼ばれていた時代、『新青年』『探偵趣味』『ぷろふいる』『宝石』といった雑誌に好きで探偵小説を投稿をしていたものの、プロでなかったために忘れられていった者たちを尋訪しようという内容となっています。
戦死などにより作品が出ることがなくなった人もいれば、生活の為の就職で書かなくなった人、逆に思いがけない理由で一作を書いた人など「幻」化の理由は様々。
最初は目次のキャプションが気になる作家だけ読めばいいかなと思っていたのですが、ついつい普通に読んでしまいました。
が、探偵作家事情に疎い私のような人間はむしろそのほうが正解で、というのもこの本は作家ごとに消息を探すところから始まっていて、その最中に出会う関係者やそのまた関係者が別の作家のところでも登場したりとちょっとした人物相関図が書けてしまいそうな密度があり、また大半の尋訪の同行者である『幻影城』の島崎編集長とのやり取りも回を重ねるごとに興がのってくるというような具合なので、順を追って読むと良いかもしれません。
ところで長谷川潾二郎に話を戻すと、文学好きの方は御存知のように、潾二郎の兄は小説家で牧逸馬・林不忘などの筆名を用いた海太郎・下の弟は露文学者の濬・さらにその下の『シベリヤ物語』『鶴』などを書いた四郎という有名な長谷川四兄弟ということになるのですが、この長兄の鎌倉の自宅の隣にミステリ作家のおかだ・えみこの母親が住んでいたということで、その母親岡田美都子による在りしよき日の鎌倉を描き出している文章が紹介されていて、これがもう私好みで本当に良くてねえ。正直、探偵小説とは関係ないこの部分に引きずられて、この本を読んでしまったというのはあります。

それにしてもこの「幻の作家たち」の時代の背後に常に存在する江戸川乱歩という人の存在の大きさといったら。
読書後、この本の帯のコピーにしみじみ深く頷かずにはいられない一冊でした。


百年のわたくし巻二。

2017.11.14.Tue.23:05

百年のわたくし巻二 百年のわたくし巻二②

時折街中で遭遇する徳正寺の扉野さんから御案内頂きました。
ポエトリー・リーディングのイベントです。ミュージシャンの名前があるということは音つきなのかな。
協力のところに書肆山田さんが入っているのいいなあ。この出版社の本に入っている既刊案内の紙が好きです。

百年のわたくし巻二

日時:11月23日(木・祝)

場所:徳正寺本堂

参加料:1500円

お申し込みは、メリーゴーランド京都さんまで。

大本屋市@スタンダードブックストアあべの。

2017.11.24.Fri.00:00

sbs.jpg

大本屋市

日時:11月25日(土)~26日(日) 11~18時 
※スタンダードブックストアさんの店舗自体の営業(21時まで)とは異なりますのでご注意ください

場所:スタンダードブックストアあべの(あべのHoop 6F)


前回9月に開催時の好評を受けて、この度も開催されることになった『大本屋市』に出店いたします。
いつもの通り、美術・写真・デザイン・建築・ファッション関係の書籍をお持ちする予定です。
搬入が送付というカタチになるので、ある程度厳選して出品したいところです。車を出してもらえる時はいつも「読み物(小説やエッセイ)ももうちょっと入れた方がいいかも」と迷って結局荷物が増えて、さらにその中途半端さのせいで棚作りに時間がかかってしまうので、今回はシビアに。笑
「なるべく新刊書店で流通していないものを」というお達しが出ておりますので、洋書が中心になるかとは思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
要接客とのことですので、悪徳絵画販売業者のような接客いたしまっせ!!


フィルムアート社さんの新刊×本おやさんのイベントなどもあるみたいですよ。
諸々詳細は→ http://standardbookstore-abeno.blog.jp/


*****************************************************


建築家なしの建築
SNS等でイベントアピールをもっとせよとのお達しが届きましたので、追記。
↑画像のようなイベント用在庫で放置していたものも入れています。
ちなみに↑この本はSD選書化されていて昔在庫でそちら版があったので読んでみたところ滅法面白く、建築にあまり興味のない常連氏にすすめたところ「面白かった!」とのことで二重に良かった思い出があります。近現代の建築家や様式、構造や素材云々に基づいた建築論/史がどうもなあ…という方にこそお勧めです。こちら版は雑誌形態の為、SD版とはレイアウトも若干異なります。

the warlis
あとこれが私的目玉。笑
インドの部族美術ワルリ絵画関係の書籍(作品集)です。ネットでしか売れないような本かなと思っていて、しかしながらこのワルリ絵画についてはよくわからないのでもう少し勉強してから…と思って何もしないまま時は流れ早三年程。
…なので一旦イベント出ししてみます。後ろの『DO!』は手製本で有名なTARA BOOKSのものなので、まあそのうち売れるだろうというか売りやすいかなという感じで思っていますが、手前の『THE WARLIS TRIBAL PAINTINGS AND LEGENDS』はピンポイント過ぎて難しそうだ…。現代のワルリ絵画の父と呼ばれている作家の作品集で、まあまあ珍しいとは思うんですが、購入する人もレアそうで…。
レアな方お待ちしております…。
ちなみに今のところ4000円(+税)で出しております。(この作品集が戻って来て私が少し学習したら6~7000円、海外向け9000円くらいで売ろっかなと考え中)