2018.02.28.Wed.00:00
      ※※現在、通常営業(店売り)はしておりません※※




◎御本買入いたします◎

*書籍・レコード・雑貨など、お売りください。
お持ち込みは、複数点(A3位の紙袋8割程度分から)より承っております。そのままお持ちいただいても結構ですが、外出していることもございますので、メールやお電話にて一度お問い合わせいただけると助かります。
*出張買受いたします。
*身分証の御用意をお願いたします。
*特に力をいれているのは、美術・写真・(現代)音楽・デザイン・建築・服飾です。芸術論・美学関係の書籍や、作品集(全集以外)、写真集は大歓迎です。一般書も承ります。
なお、(↑先にあげたジャンル以外で)状態があまりにも良くないもの・一部の雑誌・辞書・百科事典・文学全集などお引受けできないものもございます。
*寄贈大歓迎いたします。
*御来店でお持ちいただける場合、店舗より10分程度の範囲内であれば、御連絡いただけましたらお迎えにあがります。
       



古本家。

2018.01.18.Thu.18:00

2018kinga.jpg


年甲斐もなく、また今年もお年玉を頂いてしまった。しかも親ではない方から。
来年こそは、倍のものをすっとお返しできるような人間になりたいものであります。


…と、鬼に笑われたところで


本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


さて、今年最初のイベントのお知らせです。


古本イエー

furuhonyeah2018.jpg

日時:1/20(土)~21(日) 12時~暗くなる頃まで(多分12時よりは早めに開けている&割と遅くまでやっていると思います)

場所:
狂言屋家 JR二条駅東側ローソン脇入ったあたり


鳥居家 丸太町大宮上ル ライブハウス拾得の隣の隣


人様の家を古本屋(古本家)にしてしまおう企画「古本イエー」、今回は狂言屋家と鳥居家を使用しての開催です。
2軒の距離間(1Kmほど?)は、上にあげた地図をそれぞれ少しズームアウトして頂けるとわかるかと思います。

狂言屋さん宅は主に一箱古本市に出店されている方がメインで、鳥居家の方は古本屋さんや本関係の仕事をされている方中心です。

…という感じの振り分けがいつの間にかなされていて、ウチは当然というのか鳥居家に割り振られていたわけですが、それだと狂言屋家でいつものようにゴロゴロする理由がなくなるではないか!!(それもどうなんだってハナシですが)ということで、狂言屋家にも一箱古本市に出すようなイメージで一箱を置かせて頂くことに。屋号はひねらずに、藤子A先生のイメージで「ありの文庫A」。

20日は餅つきやら餅zineつくりもあるようですが、まあこれらは少し身内感のあるものになりそうなので余り宣伝はしないでおこう笑。
といいつつ餅zineつくりにのっかって、狂言屋家で古本お買上の方にいつの間にか色々溜まっていたフリーペーパーを適当に持っていってもらう、というようなことをやろうかなとは思っています。

ちなみに鳥居家では、以前あった奈良の図書館で本棚をつくるというような内容のワークショップの登壇者(店舗)&コーディネーターの出品が揃います。ま、偶々なんでしょうが、面白いですね。
ほんまはあの講座は私が行かないといかんかったのですが、シャイでとてもとても人様の前に出られるような人間ではないので、K氏にまかせてしまってコーディネーターさんと受講された方には申し訳なかったなあと反省しておりますよ。

まあそれはともかくとして、方向は逆ですが文学フリマ京都も21日にはあるようですし、何かのついでにお立ち寄りいただければと思います。

鳥居家の方には¥200、¥300均一の文庫を中心に持っていく予定です。予定なので、全く何の準備もしていないんですけどね…。

2、2、3、4古本だー!!@東急ハンズ京都店

2017.12.20.Wed.00:00
2234古本だー
2、2、3、4古本だー!!

日時:2017年12/22(金)~24(日) 10時~20時半

場所:東急ハンズ京都店前スペース

参加店舗
100000tアローントコ カライモブックス 町家古本はんのき ありの文庫

https://kyoto.tokyu-hands.co.jp/item/2234.html

またまた東急ハンズ京都店さんにて、「古本だー!!」を開催いたします。古本ダー!なのか、!マークはひとつなのかふたつなのか表記がいつも曖昧ですが…。
今回は均一ではなく、各店舗ワゴン一台ずつ+絵本・児童書ワゴン一台の展開となります。6月に開催されたホホホ座イベント内古本市とメンバーや展開の仕方は同じです。
各店舗、均一たくさんからチョイ高なものまで大量に御用意しております。スペースが空いたら即補充式のイベントですので、売れていってもらわないと出せないんですわ。前に、出し惜しみしてる風とか言われたんですが違うの~、たくさん持って来てるだけなの~、出せないから順繰りに出してってるだけなの~。
…とここで今更言っててもしょうがないのですが。
ウチの出す物はいつもの感じです。美術や写真、建築などを中心に。
クリスマスに或いはお正月に向けて、是非ご自分への一冊をお探しにいらしてください。


今回はハンズ店長さまの肝入り?なとあるものを、お買い上げの方に配布予定です。
それをせっせと内職…。
2234古本だー2


しかしハンズさんが出来るときに「近くに東急ハンズが出来る、やった~」みたいなことを書いていたかと思うんですが、こういった関わりを持たせて頂けるとは思ってもみなかったなあ、と今更しみじみ。とにかく感謝感謝、です。

BRING BOOK FAIR@和歌山。

2017.12.16.Sat.00:00

bring book fair
bring book fair2

BRING BOOK FAIR

日時:12/17(日)10~17時

場所:和歌山県立美術館2F BRING BOOK STORE

和歌山の本屋PLUGさんよりお誘い頂き、こちらのイベントに参加いたします。
開催場所は美術館内にあるカフェで、普段はプラグさんや居留守文庫さんたちが選んだ本を並べているとのこと。
美術館内ということで、うちが最近イベントに出しているような本と相性が良いといいな、と思っています。まあ、意外なところでコアなものが売れていったりするので、実際は関係ないことの方が多いんですけど。笑
しかしながら一応場所柄優先で、美術・写真・建築・絵本などなど、造詣の深い方にも納得頂けるような書籍(主に作品集)をお持ちできればと考えております。
なれど、また発送、による搬入なのでシビアに…かな…。
和歌山の方、御覧頂いておられましたらどうぞ宜しくお願いいたします。

Facebook イベントページ→https://www.facebook.com/events/1113245512144667/
和歌山経済新聞さん記事→https://wakayama.keizai.biz/headline/1007/?1512652030953

大本屋市@スタンダードブックストアあべの。

2017.11.24.Fri.00:00

sbs.jpg

大本屋市

日時:11月25日(土)~26日(日) 11~18時 
※スタンダードブックストアさんの店舗自体の営業(21時まで)とは異なりますのでご注意ください

場所:スタンダードブックストアあべの(あべのHoop 6F)


前回9月に開催時の好評を受けて、この度も開催されることになった『大本屋市』に出店いたします。
いつもの通り、美術・写真・デザイン・建築・ファッション関係の書籍をお持ちする予定です。
搬入が送付というカタチになるので、ある程度厳選して出品したいところです。車を出してもらえる時はいつも「読み物(小説やエッセイ)ももうちょっと入れた方がいいかも」と迷って結局荷物が増えて、さらにその中途半端さのせいで棚作りに時間がかかってしまうので、今回はシビアに。笑
「なるべく新刊書店で流通していないものを」というお達しが出ておりますので、洋書が中心になるかとは思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
要接客とのことですので、悪徳絵画販売業者のような接客いたしまっせ!!


フィルムアート社さんの新刊×本おやさんのイベントなどもあるみたいですよ。
諸々詳細は→ http://standardbookstore-abeno.blog.jp/


*****************************************************


建築家なしの建築
SNS等でイベントアピールをもっとせよとのお達しが届きましたので、追記。
↑画像のようなイベント用在庫で放置していたものも入れています。
ちなみに↑この本はSD選書化されていて昔在庫でそちら版があったので読んでみたところ滅法面白く、建築にあまり興味のない常連氏にすすめたところ「面白かった!」とのことで二重に良かった思い出があります。近現代の建築家や様式、構造や素材云々に基づいた建築論/史がどうもなあ…という方にこそお勧めです。こちら版は雑誌形態の為、SD版とはレイアウトも若干異なります。

the warlis
あとこれが私的目玉。笑
インドの部族美術ワルリ絵画関係の書籍(作品集)です。ネットでしか売れないような本かなと思っていて、しかしながらこのワルリ絵画についてはよくわからないのでもう少し勉強してから…と思って何もしないまま時は流れ早三年程。
…なので一旦イベント出ししてみます。後ろの『DO!』は手製本で有名なTARA BOOKSのものなので、まあそのうち売れるだろうというか売りやすいかなという感じで思っていますが、手前の『THE WARLIS TRIBAL PAINTINGS AND LEGENDS』はピンポイント過ぎて難しそうだ…。現代のワルリ絵画の父と呼ばれている作家の作品集で、まあまあ珍しいとは思うんですが、購入する人もレアそうで…。
レアな方お待ちしております…。
ちなみに今のところ4000円(+税)で出しております。(この作品集が戻って来て私が少し学習したら6~7000円、海外向け9000円くらいで売ろっかなと考え中)