FC2ブログ

2019.03.31.Sun.00:00
      ※※現在、通常営業(店売り)はしておりません※※



◎御本買入いたします◎

*書籍・レコード・雑貨など、お売りください。
お持ち込みは、複数点(A3位の紙袋8割程度分から)より承っております。そのままお持ちいただいても結構ですが、外出していることもございますので、メールやお電話にて一度お問い合わせいただけると助かります。
*出張買受いたします。
*身分証の御用意をお願いたします。
*特に力をいれているのは、美術・写真・(現代)音楽・デザイン・建築・服飾です。芸術論・美学関係の書籍や、作品集(全集以外)、写真集は大歓迎です。一般書も承ります。
なお、(↑先にあげたジャンル以外で)状態があまりにも良くないもの・一部の雑誌・辞書・百科事典・文学全集などお引受けできないものもございます。
*寄贈大歓迎いたします。
*御来店でお持ちいただける場合、店舗より10分程度の範囲内であれば、御連絡いただけましたらお迎えにあがります。
       



メリーゴーランド京都小さな古本市&京都マルイ春の大古本市

2019.03.30.Sat.00:00


気付いたらプロ野球開幕しておるではないか!オープン戦の分析もまだ出来ていないのに。
今年の3月はあってなかったかの如く過ぎていったかのよう。
ジュンク堂さんのイベントにありがたくも忙殺されました。色々と安すぎたんだろうな笑。
途中の段階で店長さんが「…お客さんに優しい(お値段)…」という言い方をされて、その言葉の使い方は学ぼうと思いましたよ。
何でもつい単純に高いだの安いだのと言ってしまうけど、やや品性に欠けた物言いですものねえ、ホホホ。


…で、続きましてはのイベント2件です。
メリーゴーランドさんの古本市は久しぶりの開催です。考える余裕がなくてメリゴに御来店されるであろうお客さんに滅茶苦茶媚びたような選書にしました。媚びになっているかどうかの実際的なところはわかりませんが…。搬入に伺ったら色々な意味でときめくような古書(古本、ではない)たちが既に並べられていましたよ。

メリーゴーランド京都小さな古本市

日時:3/30(土)~4/3(水) 11~19時

場所:メリーゴーランド京都


京都マルイ春の大古本市

2019マルイ春の大古本市

日時:第一週 4/4(木)~4/7(日) 第二週 4/18(木)~4/21(日) 10時半~20時半

場所:京都マルイ 北側スペース(四条通)

http://machimachi-books.com/kyotomarui_bookfair.html

桜~春観光の時期で四条河原町角は一段と人波が過ごそうですが、またまたマルイ古本市が開催されます。(都合により山崎書店さんの出店がなくなりました、残念)
チラシには掲載されていないけれど、主催のマチマチ書店さんの計らいで前半だけでなく後半もワゴン一台で出店いたします。
後半のイメージだけ最初からあって前半どうしようかな~…という現状です。

引き続き

2019.03.19.Tue.00:00

仏雑誌larc

ジュンク堂京都店さんにて古本ワゴン設置頂いております。
おかげさまでウチの事務所棚の文芸や人文関係の単行本はここにきてほとんどなくなってまいりました。
通常営業をやめて出来るだけ美術方面を扱おうってんで、それ以外のものをコツコツ売ってきた甲斐があったなあ~。
4年くらいかかったけど、そして文庫はまだまだジャンル混在であるけれど…。
ジュンク堂さんでは美術とその周辺関係の動きは緩慢ですが、普段のイベントでは動きづらい海外文学や人文系書籍、加えて戯曲関係がかなり動いてくれてありがたい限りです。
四条通りの3つの地点で販売させてもらっていますけれど(古本だー@ハンズの四条烏丸とマルイ古本市@四条河原町とその中間地点のジュンク堂)、動くものの傾向が全く違って面白いです。同じ四条通でそれほど距離も離れていない場所同士なのに。

と感慨に浸っている場合ではない…
まだまだ残りの期間もありますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
新入荷も少しづつ投入しています。

ジュンク堂書店 京都店
営業時間:10~21時
店舗詳細→


そろそろ4月のイベントの準備にとりかかりますです。


************************************

…でまた記事をあげずに放置していたら、ジュンク堂さんでのワゴンが1台増えることに。
20日くらいに準備ができ次第という具合ではありますが、しかしもう(イベント用の)売るものがなくなるな~。
そして口約束だけしていた3月終りからのイベントが決まってしまったので、急いで準備をしないといけないことに。
ま、でもお誘いいただけるうちがハナですので、ね。出来る限りのことはやりたいと思います。
しかし売るものがなくなるな~。


古本販売@ジュンク堂書店 京都店

2019.03.01.Fri.12:00

balthus diane arbus

御近所の四条通り沿いのジュンク堂さんにて3月いっぱい古本販売させて頂きます。
しばらくははんのき&マヤルカさんのループで月に2週間ほどずつで開催されていましたが、3月より一店舗ひと月単位での設置となり、その先陣をウチがきることになりました。
やや小さめのワゴン2台分の古本を販売いたします。
一台は読み物で、もうひとつは美術等の上記画像のようないつもの感じでいこうかと思います。
補充をこまめにする必要があるようですが、「近所やけど毎日足しに行くのしんどいわ~」というくらい売れて欲しいです。
宜しくお願いいたします。


ジュンク堂書店 京都店
営業時間:10~21時
店舗詳細→



直近的入荷。

2019.02.25.Mon.22:00

ありがたいことに今年前半のイベント出店が色々決まりつつある今日この頃。
毎年恒例の確定申告と、3月の出店準備でなかなかな日々ではあります。
例年よりは暖かいのが救いじゃ~。
将来は年中気温が暖かいか、そうでなければそれほど暖かくなくてもいいので年間を通じて気温の変動が少ないところへ移住したいです。何十年も堪能したので四季はもう結構!!


****************************************

ひとつ前分を飛ばして(ネットとイベント売りとどうわけるかまだ決めかねているのでまたいずれ御紹介)、最近の入荷分です。

20192入荷

20192入荷2
仕掛け絵本に漫画や写真集など

20192入荷3 birds the art of ornithology
鳥類学の図誌におけるイラスト史というところでしょうか。内容も充実していて個人的に欲しい…。

20192入荷4 viviane sassen 作品集
シュールレアリスティックな構成を得意とするヴィヴィアン・サッセン写真集。あっさりシュールがお好きな人向け。

20192入荷5
ヴォルフガング・ライプ展など図録も。


2月9日は古本イエー@狂言屋家

2019.02.05.Tue.00:00

です。

古本イエー20192
※画像は狂言屋さんのTwitterよりお借りしました

で今回をもちましてありの文庫のイエーへの出店は一旦卒業となります。


ありの文庫のことは嫌いでも、古本イエーのことは嫌いにならないでください!泣


↑コレどこかで言いたかったの。あの本家アイドルの台詞は強烈だったけれど、きっとそれなりのコピーライターがついていたんでしょうね。バックは電★通でしょうから。
で、そんな話ではなく…出店者が増えてきたのでウチもお役御免でよかろうかと。
「年老いた死者は若い死者に場所を譲ること(ミラン・クンデラ)」という大袈裟なものでもないのですが、古書柳さんも参戦してくださったようだし厚みは十分でしょう。ウチは出している冊数が多いだけでしたし、床に置かれてしまっていた後から参加した方たちの在庫を空く棚で有効活用して頂けるようになればよいかなあと思います。
ま、でもこの先また100均イベントくらいはさせてもらうかも…。

古本家20192
最後なので少しの追加と内容的に(お値段的にも)とっつきやすそうな私物本を出そうと思います。画像のものは持っていくとは思いますが一応イメージということで…。

現段階では一時雪予報のようですが、宜しくお願いいたします。


日時:2/9(土) 11~18時くらい

場所: JR二条駅東側ローソン脇入ったあたり


NEWNEW荷。

2019.01.28.Mon.00:00

20191中3
『未来派 1909-1944』展図録(@セゾン美術館他 1992年)はまとまりが良くて、かなりおすすめです。
他にWolfgang Tillmans、高木正勝、ベン・シャーンなどなど。

20191中
PILのLP三作品。金属製の丸缶に入ったその名も『Metal Box』は、最初に出た(1979年)LP3枚組のものです。'83年来日公演時のツアーパンフとまとめての販売予定。

20191中2
The Durutti Columnの『Another Setting』は、ファクトリー・レコードからのUK orig.盤(ダイカット付)のようです。
他にTalking Headsなどのあの頃らへんレコード入荷しました。

※レコードは原則レコード祭りなどのイベントに出しておりますので、通販や御来所による購入等のお問い合わせはご遠慮ください





20191中4
かわいいかわいい絵本など。丁度国内絵本の在庫がほぼないような状況であったので嬉しい。

20191中5
猫好きイギリス好きにはお馴染みのルイス・ウェイン。一応伝記ではありますが、新書ながらカラー図版豊富でコンパクトな画集といった様相です。これもおススメ。



恵文社バンビオ店閉店イベント

2019.01.21.Mon.00:00

惜しまれつつ2月11日(月)に閉店することになった長岡京の恵文社バンビオ店さんでフィナーレを飾るイベント(http://keibunshabambio.hatenablog.jp/)が開催されます。
その中の一つの企画、(古)本屋さんによる「バンビオ店乗っ取りフェア」に参加中です。
詳細コチラ→http://keibunshabambio.hatenablog.jp/entry/2019/01/12/162036
弊店はファッションと女性実用の分野を担当しております。
お声がけ頂いてから準備までの期間があまりなかったのと、丁度諸々の忙しさとのバッティングもあり選書に時間をかけられなかったので、棚整理がてら追加に伺う予定です。ウチは追加からが本番です!!、、、

バンビオ店さんより送って頂いた画像
バンビオ古本
新刊の間に棚をつくって頂いています(古本コーナーは赤テープで囲まれている模様)

ファッションはともかく、現在の新刊の女性実用というジャンルがどういうものを指すのかもうひとつわからないままうちの棚より出したのですが、画像周辺の書籍を見て理解。
おばさん勉強になりました…。
他の参加店舗さんの(送って頂いた棚画像)をみてもかなり超解釈というような選書であったので、まあよかろう…。

古本市やフライヤー設置でお世話になったり、知人が働いているということもあり、最後まで弊店からも出来ることでフィナーレを盛り上げていきたいと思います。


あけてました…

2019.01.10.Thu.00:00
2019はとみくじ

2019年
本年も
続く限りにおいて
どうぞ宜しくお願いいたします。


年末のアレコレが終わらず、しかも年末に微妙な&なかなか重大な困りごとども(ひとつは完全なる私のミス)が発生して結局元旦からなんとなく仕事状態で、めでたい感じは薄いんですが…。

画像はハト好きの聖地のひとつ(かもしれない)御近所の六角堂さんの鳩みくじ。
羽根が金色なのは期間限定です。
結果は末吉でしたが、「商売」はまあまあ良い感じのことが書いてあったのでよしとしています。
ところで背後のトム・ウェイツといいコンビネーションね。





20191上

比較的新しめではありますが骨太な内容の本を色々お譲り頂きましたので(むしろこの辺見庸の下…)マルイの古本市に出そうと思います。
ウチはイベントはいつも2日目以降からが勝負です!
…つまり、まだ準備が終わっておりません…


Ralph Gibson 『DAYS AT SEA』

2018.12.30.Sun.22:00

days at sea ralph gibson
アメリカの写真家ラルフ・ギブソンの初期三部作の最終部にあたる作品集(1974年)。
これは自らの出版レーベルから出しているんですねえ。エロスそのメタファー、などといったことは軽々と飛び越えて、構図把握のセンスが良すぎて感動しますよ。格好良い写真っていうのはこういうものだというお手本みたいな作品ばかりです。
状態はペーパーバックで並of並という具合です。

前に紹介したPeter SavilleのジャケットデザインによるJoy Divisionの「Unknown Pleasures」。このアナログ盤の内袋に採用されていたのがRalph Gibsonの作品でした。
UnKPleas-PSaville8-ralphgibson.jpg
※画像はhttp://80sgothicrock.blogspot.com/よりお借りしました



他、丸尾末広作品も入荷しております。今は棚に花輪君の方が全くいなくて残念。しかしギラギラしておるなあ~!
丸尾末広作品





こちらは今年最後にお譲り頂きました。
マルイの古本市に出そうと思います。それまでにこの入荷分の藤子不二雄先生の漫画を読みたい…!
201812末

マドンナピクチャーレコード
マドンナ様のピクチャー・レコードも。





絵本見返し
恵文社さんの大古本市の方に少し足しておきましたが、また追加するかもしれませんし、しないかもしれません。